講志会主催 『講師のための勉強会』

講志会主催 『講師のための勉強会』

志ある講師の育成派遣事業である一般社団法人講志会では、今後講師の先生方のプロデュースにも力を入れて行きたいと考えております。

・講師として資格を取得したり、スクールを卒業したけれど自信が無い

・講師として活動しているけれど、果たしてスキルアップや成長しているのかわからない

・講師という孤独な職業柄、他の講師との交流や情報交換をしてみたい

こういった講師の方々のお悩みにお応えすべく、講師のための情報交換を兼ねた勉強会を定期的に開催させていただきます。

第2回目のミニセミナーは、セミナー講師として絶対に必要な「ツカミ」についてです。

セミナー講師は、初めての場所で初めての参加者の前で話す事が多いです。

最初に場の空気や受講生の心を掴めるかという事がとても大切になります。

今回は中学の教師として20年以上のキャリアを持つセミナー講師によるセミナーです。

毎回の授業で培われた、場の空気を和ませるコツや自己紹介法についてお話いただきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

元中学校教師直伝「場の空気が一瞬で和む自己紹介術」

「場の空気が温まらない」
「受講者の表情が硬い」
「受講者が退屈そう」
こんなことで悩まれたことはありませんか?

このセミナーで得られることは?
・あなたの受講者が笑顔になる
・あなたの自己紹介で場の空気が和むようになる
・あなたと他の講師との差別化ができる

私のセミナーを受講されたかたから、このような感想をいただくことがあります。
「同じ内容を以前受講しましたが、全然心に響きませんでした。でも、いなっち先生の講座は事例がわかりやすく『あるある』って納得できますし、なにより笑いもあって楽しく学べるところです」

今、セミナーや研修は日本全国数えきれないほど開催されています。
同じコンテンツをつたえる人もあふれるほどいます。
受講する側の判断基準は何でしょうか?
実はコンテンツの内容ではないのです。
大切なことは
『何を学ぶか?』より
『誰から学ぶか?』なのです。

あなただけの伝え方ができれば、あなたのコンテンツの価値は高まります。
中学校現場で子どもたちや保護者の心をつかんできた24年間の経験と講師として身につけてきた、場の空気づくりのコツをお伝えします。

・講師をこれからやろうと考えている。
・講師をはじめたばかり。
・講師をしているが、受講者の満足度が低い。
・人前で話す機会が多い。
・人へ伝える仕事をしている。

こういった方にオススメのセミナーです。

〇プロフィール
怒りの取り扱いアドバイザー
稲田 尚久(いなだなおひさ)
1970年10月10日生まれ 47歳
元岡山県公立中学校教諭。2016年4月講師として独立
「先生と話しているだけで安心できます」
「先生は一方的に言わず、気持ちをわかってくれる」
24年間子どもや保護者へ寄り添い続けてきた経験と豊富な事例を活かし、感情トレーニングやコミュニケーション力の向上のコツを、自身の失敗談を包み隠すことなく、おもしろおかしく伝えることにも定評がある。

【日時】
2017年12月25日 (月)19:00〜21:00

19:00〜講志会について 事業説明

19:15〜ミニセミナー

19:45〜質疑応答

20:00〜休憩

20:10〜講師PRプレゼン 情報交換等

21:00終了

【会場】
大阪市中央公会堂 第2会議室
http://osaka-chuokokaido.jp/map/

【参加費】
3.000円

申し込みはフェイスブックページへ参加表明ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
講志会主催 『講師のための勉強会』フェイスブックページ

ピックアップ記事

  1. 落合中学校
    中学校の給食時間はブラック?子供も先生も心が休まらない昼休み…
  2. 大佐山
    思春期の子供が心でつながる!子育ては親子の感情のやりとりを …
  3. 亀岡
    学校を休みたい子供への対応、子供の成長スピードは同じじゃない…
  4. 不登校
    悪口を言う子供の原因は親!親が子供を安心させる努力とは? …
  5. いなっち
    子供にスマホ買う時の約束は?親はスマホを買う時に覚悟を持つ …
  6. 勝田中学校
    子供の将来は変えられる!親の言葉と行動が子供の人生を左右する…
  7. 落合中学校
    PTA役員になったら得する!親の思考が子供へ良い影響を与える…
  8. いなっち
    家庭訪問でこれをやってはダメ!親が先生の本音を引き出すコツ …
  9. 子供の問題行動の原因は親だ!子育てに特別なことは必要ない …
  10. エフエムつやま
    新中学生を持つ親の心構え!親は子どもの様子を見守るだけでいい…